スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

大怪我

2008年01月27日
昨日の夜中、うーこの脚の骨が折れた・・・。

おいらが作った猫ビルの上で遊んでいて、転落したのだ。





071210_castle-e.jpg
 <事故現場>





猫ビルは、高さ自体は1mもないのだが、その横に箱が倒れないためのオモリとして本を入れた洗濯カゴが置いてある。

落ちた際、洗濯カゴの縁に右の後ろ脚をぶつけ、そこに全体重がかかり、折れてしまったのだ。

うーこのために作った猫ビルが、大怪我の原因になってしまったのである・・・。







落ちた瞬間をおいらは見ていた。

いつものように、すごい速さで昇り降りして遊んでいるうちに、勢い余って落っこちた。うーこは落ちた恥ずかしさをごまかすようにダッシュで現場を去ろうとしたので、おいらは笑っていた。

しかし、3mほど進んだところで、すごく痛そうな顔をしてのたうちまわり始めたのである。

その後、何度か立って歩こうとしたが、脚が1本宙に浮いたままで、歩けなかった。







おいらは、とにかく病院に連れて行かねばと思い、脚の状態を確認してから、かかりつけの獣医に電話した。夜中の2時だった。

獣医は非常に眠そうだったが、応対してくれた。脚の骨が折れたと伝えると、獣医は「骨折は3~4日してから手術するので、今すぐ来る必要はない。明日の朝、来院してください」と言う。

3~4日置くというのが意味がわからなかったが、いちおう近所では「あそこは料金は高めだが腕はいい」と言われている獣医なので、言われたとおり朝まで待とうと思った。







とはいえ、朝まで待つのはつらい。

診察時間まで、まだ7時間近くあるのだ。

うーこが絶え間なく痛そうに叫ぶので、おいらは隣県の救急病院まで行ったほうがよいのではないかと思い、ネットで「24時間対応」と書いてある病院を探し、3軒ほど電話した。

だが、ろくに電話に出てくれない。2時を過ぎるとダメなのだろうか。3軒目にようやく留守番電話で案内が出るところがあったが、その案内の内容から、わざわざうーこを長時間車で揺すってまで行くところではなさそうだと思い、朝まで待つ決心をした。






うーこはずっと叫んでいる。なぜか動き回ろうとするので、じっとさせようと思い、キャリーに閉じ込めることにした。

しかし、閉じこめられたのがいやなのだろう、キャリーの中で大暴れするので、これはかえって傷に良くないと思い、再び出した。

そして、うーこがいつも寝ているこたつへ連れて行った。しかし、どういうわけか、すぐに這い出してきて、叫び声をあげながらうろうろ動き回ろうとする。トイレに連れて行ってもしないし、何がしたいのかさっぱりわからず、困ってしまった。

ちょっと体がふるえていたので、不安なのかもしれないと思い、おいらもこたつに寝ころがり、右脚が痛くなさそうな体勢に腕を置いてやると、ようやく寝つき、そのまま朝まで眠ってくれた。







朝になり、病院に行くと、さっそくレントゲンを撮られた。

おいらは、脚を触ってみておそらく骨折だと思っていたが、ひょっとしたらそれはおいらの勘違いで、脱臼で済んでいるかもしれない・・・などと期待したんだが、やっぱり折れていた。下腿骨がボッキリ。

人間で言うとスネの部分だと思うが、猫の一見フトモモっぽく見える部分の骨である。






骨は金具でつなぐらしい。
骨折と言うと、骨をまっすぐにあてがった状態を作って添え木や石膏で固め、自然に骨がつながるのを待つものと思っていたのだが、獣医は「人間と違って、動物は骨が固まるまで安静にしていることができないから、金具で固定することが多い。金具も結局は骨が固まるのを助けるためのものに過ぎないので、考え方は同じなんだけど」と説明していた。

この獣医は、顔がルー大柴に似ているせいで、どうもすんなり信用できないんだが、そういうことにしておこう。

手術は2日後となり、今日は添え具で脚を伸ばして固定した。
脚を伸ばすとき、ものすごい顔で鳴き叫んでいた。
レントゲンのときもかなり暴れたみたいで、3人がかりで撮っていたが、ルーは疲れた顔で「ひっかかれちゃったよ」とこぼしていた。







家に帰ってきて、サークルに入れた状態の写真。




080126_hone-1.jpg
 <ひさびさのサークル生活>






エリザベスカラーをつけられたのがいやでいやでたまらないらしく、取ろうともがいて、暴れまくりである。

しかし、エリザベスを取ると、添え具をかじり取ってしまうので、はずせない。




080126_hone-2.jpg
 <右足に添え具をつけられている>







帰ってきてから5時間くらいは、10分置きにエリザベスを取ろうと大暴れしていたが、ようやく落ち着いてきた。今は、ずっとウトウトしながら、30分~1時間に1回くらい目を覚まして叫んだり少し暴れたりするだけである。

暴れるのは、最初は痛くて暴れているのかと思ったが、添え具がじゃまで寝返りが打てなくて暴れているようなふしもある。

脚は、たぶん痛いと思うが、どれくらい痛いのかはわからない。痛み止めをくれるのかと思ったがくれなかった(当たり前か)。たまに少し冷やしてみたりしている。

今ちょっと心配なのは、昨日骨折してから27時間、ウンチをしていないことである。トイレシートではできないのだろうか? 寝たままだとできないのだろうか? よくわからず、お尻を綿棒でさすってみたら、ふぎゃーと怒られた。






治るまで、まだまだかかるんだが、とりあえず疲れた。

昨日は、ずっとうーこの叫び声を聞いていた。

首を掻いたり餌をあげたりする以外は、頭をなでてやるくらいしかできることがないので、見ているおいらも非常に疲れた。何を考えてるのかよくわからないので、余計に疲れた。

実は昨日、奥さんもインフルエンザにかかり39度の熱を出して寝込んでいたのだが、放置気味になってしまった。

ほんとに、最悪の一日だった・・・。

 
 
 
 
 
 
[ 2008/01/27 05:47 ] 骨折事件 | TB(0) | コメント(7)

びっくりしてしまいました。骨折ですか・・・!?
うなぎちゃんもかにさんも辛いですね。。
まめもカーテンレールの上から落ちて、テレビに背中を打ちつけたことがあったけど、足とかだけひっかかってたら、折れていたことでしょう。
やっぱり事故対策はきちんと考えなければいけませんね。
お大事に𕾣
[ 2008/01/27 09:45 ] [ 編集 ]
はじめまして。
たまに読み逃げさせていただいていました。
うなぎちゃん、早く元気になるといいですね。そして奥様も早く回復されるといいですね。
[ 2008/01/27 10:22 ] [ 編集 ]
うーちゃん、大変なことになってしまいましたね(>_<)
下の動画を見て、こんな様子で待っていてくれてたら、かにさんもたまらなくかわいく思っているんだろうな、と思っていたところでしたので、うーちゃんを見ているかにさんもお辛いと思います。
奥様もインフルエンザとか。
いろいろ重なりますね。
かにさん、どうぞへこまずにがんばってくださいね。
うーちゃん、早く治りますように!!
奥様も、早く回復されますように!!
[ 2008/01/27 19:13 ] [ 編集 ]
追加
それから、ウンチのことですが、怪我をしてから、うーちゃんはご飯は食べていますか?
食欲がないと、その分出てくるものも減りますから、ウンチのことは二の次でいいと思います。
もしも詰まったりしたとしても、病院で摘便してもらう方法もありますので、今は無理に出そうとしなくてもいいと思います。
お水は、器をデリバリーするなどして、ちゃんと飲ませてあげてくださいね。
うーちゃん、お利巧に安静にしていてくれますように。
痛みも軽減されますように。
[ 2008/01/27 23:54 ] [ 編集 ]
初めまして。
可愛いうータンの大ファンで、ずっとロムさせて貰ってました。
でも今日は大変な事になっていてビックリ。
うータン可哀そうで涙でました。痛かったね…。
さぞご心配な事でしょう。
むかし実家で、やはり1才前の飼い猫が物干し台の下でうずくまっていて、後ろ足を骨折していました。病院で真直ぐ後へ伸ばした形でギブスをされ、3本足でピョコピョコ頑張っていた事を思い出しました。カラーはしませんでした。案外早く治った記憶があり、後遺症もありませんでした。
うータン、早く治りますように。
奥様も元気になられますように。
うータンと、奥様の為にがんばって下さい!
[ 2008/01/28 02:34 ] [ 編集 ]
●みなさま
励ましのお言葉、どうもありがとうございます。
貴重なアドバイスなども、参考にさせてもらってます。
妻のほうはほぼ回復しましたが、猫はこれから手術に行きます。また落ち着いたらお返事します。
[ 2008/01/28 09:07 ] [ 編集 ]
●Mioさん
子猫は折れやすいので特に気をつけないといけないみたいです。
お互い気をつけましょうね。
●おはるさん
励ましていただき、どうもありがとうござました。
僕の大好きな黒猫さんを飼ってらっしゃるのですね。今度じっくり読ませていただきます!
●Mayu-☆さん
ウンチのアドバイス、どうもありがとうございました。
残念ながら、アドバイスをいただいた時には、もうウンチと格闘した後でしたが、その後も気が楽になりました。
ゴハンは、最初は食べていたのですが、だんだん食べなくなり、ホタテやら牛肉やら、だいぶ無駄にしました。
でもこれも、ウンチと同じで、心配しすぎないことにしました。病院なら点滴もあるし、どうにかなりますよね。
●アリスママさん
実家の猫のお話、色んな意味で、とても参考になりました。今日獣医さんに聞いてみたら、うちの猫も退院後はしばらくギプスでぴょこぴょこ頑張ることになりそうです。またお暇なときに見に来てやって下さい。
 
[ 2008/01/28 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。