スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

肉球と寝顔

2009年07月26日
 
 
自分の腕をまくらにして、スースーと寝ているうーこう。






1sk_te-nikukiu-1.jpg






この格好だと、こやつの寝顔と

手の肉球が、両方同時に観察できるのだ。







1sk_te-nikukiu-2.jpg






起こさないように、そーっと観察しないとな。






1sk_te-nikukiu-3.jpg






  *     *     *     *     *


★おまけ

日曜日ということで、ひさびさに駄文を書いたのですが・・・。
駄文はまた今度ということで、「続きを読む」をどうぞ。
 ↓ ↓ ↓


 
 
 
 
++++
 続き
++++



駄文タイトル:----   (また今度にします)



「虹の橋」という詩をご存知でしょうか。

飼い主を残して先立った動物達は、天国の一歩手前で楽しく暮らしながら、

最愛の飼い主と再会できる日を待っている。そしていつか、飼い主と一緒に

天国への橋(虹の橋)を渡る・・・という話です。

おいらはうーこうを飼い始めてから知りました。

ご存じない方や、あらためて読んでみようという方は、以下をどうぞ。


◆「Rainbow Bridge」原詩(英語):
   http://homepage3.nifty.com/neko-de-essay/p20_3.html
   

◆「虹の橋」猫バージョン(和訳):
   http://homepage3.nifty.com/neko-de-essay/p20_2.html
   

  (※原詩と和訳の関係についてはこちら):
     http://homepage3.nifty.com/neko-de-essay/p20.html



今日は、この虹の橋に関連して、実家にいた黒猫と、おいらの父ちゃんの話です。

猫の話というよりも人間の話かもしれないので、それでも読もうという方は

どうぞお読みください。では、はじまり。


  *     *     *     *     *


・・・と思ったけど、多くの人に愛されるこの詩のあとにおいらの文章なんかつけたら

よけいな蛇足になってしまって失礼な気がしてきたので、駄文は少し時間を置いて

また別の週末にでも載せようと思います。今日は詩の紹介だけにしときますね。

 
[ 2009/07/26 10:20 ] 日記 | TB(-) | コメント(1)

(本日のコメント欄について)11:20記入
愛猫との別れについては、皆さん色んな経験があって、大切にしている思いもあると思ったので、今日のコメント欄は閉じることにしました。(僕が詩を話題にしてよいのかという気持ちもあったので・・)
すでに書き込んでくださっていた3名の方、せっかく書いてくださったのにどうもすみません!! 設定が遅れて申し訳ないです。僕だけ読ませていただきますね。
(なお3名の方の書き込みは何ら問題ないもので、非表示に変更したこととは一切関係ありません)
[ 2009/07/26 11:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。