スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

ぼろぼろ時代

2007年11月20日
 
こやつは、今や、いたずらにもほどがあるというくらい元気だが、

拾われた直後はぼろぼろだったようだ。

そのころの写真を拾い主さんが送ってくれたので、ちょっと紹介。




t-boro.jpg
 <自慢の白毛がどろどろ>




数日間は体を起こすことさえできず、トイレも垂れ流しだったらしい。



t-inu.jpg
 <ピクリとも動かない猫を見る犬>




ウイルス風邪で目も鼻もくちゃくちゃである。



t-namida.jpg
 <目が癒着して開かない>




耳も聞こえず、風邪で目が開かず、鼻もがびがびでは、えさをみつけられるわけがないから、あとは夏の日差しに焼かれて干物になるだけだ・・・。


しかしこやつは、干物になる寸前に、最後の力をふりしぼって、でかい声で3回鳴いたらしい。

拾い主さんはそれを聞いて、公園の隅でへたっているこやつに気づいたという。
(付近にはすでにカラスが・・・)

このとき鳴いていなかったら、死んでいたように思われる。

運のいい奴である。



とりあえず病院で栄養剤などをしこたま打ち込まれたが、体を起こせないのでエサを食べることもできず、拾い主さんは猫ミルクをスポイトで流し込む毎日だったそうな。数日目にようやく起き上がり、えさを食べたときは、すごくうれしかったと聞いた。



t-gari.jpg
 <がりがりに痩せている>




その後、少しずつ元気になり、トイレにも歩いて行けるようになって、



t-me.jpg
 <まだ目が妖怪>



目もだんだん開いてきて、2ヶ月を拾い主さんの家で過ごした後、我が家にやって来たのである。


拾い主さんの家には神経質な老猫がいて、仔猫が騒がしくするとまずいということでウチに来たんだが、さすがに2ヶ月も世話をやいていると、拾い主さんは別れるのが寂しかっただろうな。
寂しいそぶりを見せないように明るくふるまっていたが、なんとなくオーラが伝わってきた・・・。


猫も人も、いろんなことがあるもんだ。
 
[ 2007/11/20 23:32 ] 生い立ち | TB(0) | コメント(10)

いやいや凄いボロボロですねぇ𕾑
実は家のニャンコも生まれて2・3日で公園に捨てられていたのです。チャリで公園の前を走っていると あっカラスが飛んだなぁ~って思った瞬間なんか上から落ちてきて バサッ!てチャリの籠に入っちゃったんですよ。んっも~ドビックリして飛び降りてとりあえず逃げましたんですよ マラソンをして来たおじさんに頼んで中を見いてもらったら ネコが入ってるよ!って ありえないと思いましたよ 公園の入口脇に箱が置いてあったので捨てられたんだなって・・・もう1匹は無残に道路に落とされて死んでましたよ カラスの仕業でしょうね。箱の中に戻すことがどうしてもできずにつれて帰ってきましたが やはりかなりのボロボロでダメかな~って思っていましたが 生きる力って凄いですね 頭を打ったらしくちょっとおかしいのですが(笑い)元気に大きく育ちましたよん!うなぎちゃんのボロボロ時代を見てその日の事を思い出しました。
[ 2008/09/01 22:32 ] [ 編集 ]
デン助さんの猫幸運でしたね。籠にカラスが落としてくれて良かったです。大きく育っているとのこと、ホッとしました。いつか猫ちゃんのホームページがあったら教えてください。
[ 2008/09/01 23:17 ] [ 編集 ]
●デン助さん
小さな捨て猫が空から降ってきて、さぞ驚かれたことでしょう。
箱に戻せなかったデン助さん、お優しい方なのですね。
それにしても、自転車の籠にストライクとは、すごい偶然ですね。
そんな経験をした人、世界で一人だけかも(笑)
うちの猫もそうですが、そんな状態から無事に育ったデン助さんの猫も・・・生きる力ってすごいですね。
[ 2008/09/02 01:16 ] [ 編集 ]
●yodaさん
デン助さんにお返事してくれてありがとうございます(笑)
本当に幸運でしたよね~。
[ 2008/09/02 01:22 ] [ 編集 ]
失礼しました。そうです。これはうなぎちゃんの始まりでした。以前読ませて頂いていて、うなぎちゃんの生きる力に感動したのは、かにさん!!御存知ですよね!!!(冷汗)
久し振りにうなぎちゃんの生まれた頃の写真、コメントを見て、再び、うなぎちゃん、ほんとに良かったなぁと思いました。
かにさんのコメントにもありますが、生きる力ってすごいです。猫達に教えられます。
[ 2008/09/03 01:35 ] [ 編集 ]
●yodaさん
冷や汗なんて流さなくても、yodaさんがうちの猫の生きる力や幸運を喜んでくれたことは、じゅう~ぶんわかってますですよ。
デン助さんの猫も、たまたまデン助さんのような優しい方が通りがかって幸運だったと思います。yodaさんがホッとしてデン助さんへコメントを書いてくれたことも、うちの猫の生存を再度喜んでくれたことも、ありがたく思ってます。
[ 2008/09/03 02:31 ] [ 編集 ]
まろ☆テンさんのお気に入りで「おっさんが・・・」に惹かれて初めてお邪魔しました。
テント遊びの動画が可愛くて可愛くて(うなぎさんと人間おっさんも含めて。)、言葉遣いも泉谷しげる調で気に入っちゃって他も見始めようと「ぼろぼろ時代」に突入してしまいました。
で、前の飼い主さんから譲り受けるシーンなどでは、お昼のお弁当食べながら不覚にもボロボロと泣けて(今も)「見なきゃ良かったぁ!」などど反省しつつも、感動しているところなのです。
これから毎日少しずつお邪魔したいと思います。
うなぎさん良かったね。(デン助さんのネコちゃんも)これからも遠くで見てます。
[ 2008/10/16 13:04 ] [ 編集 ]
●kotetsuMHさん
いらっしゃいませ。テント遊び動画、気に入ってもらえてうれしいです。
前の飼い主(ツマさん)のブログも見ていただけたのですね。
譲り受けるシーンのことですが、当時の僕は猫の今後の飼育のことで頭がいっぱいで、ツマさんたちの安堵感や寂しさを十分に理解できていませんでした。今はなんとなくわかり、ツマさん達には本当に感謝しています。
涙を流してくれたkotetsuMHさん、きっと、ツマさんやうー公の気持ちを思いやることのできる、お優しい方なのでしょう。またぜひ遊びに来てくださいね。
(ところで、泉谷しげるって、初めて言われました。そりゃあ、“おっさんの中のおっさん”て感じですね・・・汗)
[ 2008/10/17 06:20 ] [ 編集 ]
10年前の土砂降りの雨の中、片目の潰れた生後1ヶ月位の猫を拾い、獣医さんに「脳に近い目が腐っているから助からない」と言われながら手術で眼窩ごと取り去り、片目ながら元気に暮らしています。3年前に赤ちゃんで拾った猫(さんま)の面倒もよく見て、現在は少々痴呆の進んだ初老の風情で我々夫婦と丁度良いコンビです。
[ 2009/03/07 11:16 ] [ 編集 ]
このころのうなぎお嬢様は本当においたわしいかぎりで、
何度見ても涙が・・・
今はかに様や奥様に守られて、いえねこ生活満喫中ですね!

[ 2011/01/16 00:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。