スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

机に猫ベッド

2008年08月13日
 
 
パソコンと電話を防御したおいらは、ついに机の上に猫ベッドを置いた。



でもこやつ、


入る気、まったくなし・・・。









DSCF4534.jpg



あのう、そこはジャマだから、できれば猫ベッド使って欲しいんですけど・・・。










DSCF4548.jpg



わざわざそんなところにハマらんでくれ。


あてつけかよ。









ひょっとしたら、ベッドは暑いのかもしれない。


しかたなく、猫ベッドは撤去した。






DSCF5107.jpg



ベッドなしのほうが、机がひんやりして気持ちいいらしい・・・。


ま、いいか。



 
(おまけ)
「続きを読む」に、猫の感電防止について書きました。
  ↓ ↓ ↓
 

 
 
 
 
++++
 続き
++++


猫の感電防止について



過去にも書いているとおり、こやつはヒモが大好きである。

てことは、当然ながら、電源コードも好きである・・・。




こやつがヒモ好きとわかったとき、おいらは、こやつが電源コードを噛んで

感電しないかと心配したものである。

(実家で飼ってた猫は問題なかったが、ヒモ好き度が全然ちがうので)

それで、ちょこちょこと電源コードにかじり防止処置をしていたのだが・・。

正直言って、キリがない。

人間の家は、電気のコードだらけなのだ。





で、他の人はどうしてるんだろうと思って、ネットで調べてみた。

すると、ケータイ充電器のコードを噛み切られたという話をいくつか見た。

しかし、それで感電したという話は聞かない。




その他のコードでも、「ビリッときて、逃げていった」という話は見かけたが、

猫が感電して死んだという話は(おいらの探し方では)見かけなかった。




で、おいらはだんだん、

「猫がコードを噛んで感電することはほとんどなくて、

もしビリっときてもすぐ逃げていくから大丈夫なのかもしれない」

・・・と思い始めていた。




ところが先日、時々コメントをくださるYODAさんの飼い猫(Yodaちゃん、生後11ヶ月)が、

実際に感電してしまったという話をメールでうかがった。

Yodaちゃんは命も危なかったが、どうにか助かったのだそうだ。

YODAさんの許可を得て、状況を少し説明すると・・・以下YODAさんのメール




Yodaの話で忘れられないことは、5月最初にあった感電です。

私から3m位離れたところで、バタとものすごい音で倒れ、

気づいた私が側に行ったら、震えながらコードを噛んでいて、

コードを噛む癖があったので、遊んでいるのかと思うのも一瞬で、

コードの中のワイヤーが見えたので大慌てで電源を抜き、

それと同時に噛んでいたコードが口から落ち、彼も倒れたまま、完全に気絶しました。

ひたすら慌てている私は、Yoda,Yodaと名を呼び、触ったら、

突如起き上がり、ふらふらしながら私のベッドの下に入っていき、

そこでまた倒れたところで、大急ぎで近くの動物病院へ連れて行きました。

が、そこは緊急病院ではなく、夜は誰もいないので、

助けたいなら救急病院に行くよう言われ、

1時間かかりましたが、救急病院にて緊急入院となりました。

費用がかなりかかるけども助かる保証は出来ないということで、

最初の病院も救急病院も何度も私の意向を確認しましたが、お願いしました。

無事に酸素室で一晩とプラス通常のケージ一晩で退院。

その後は口の中が火傷のため、舌の治療と奥歯の二本が抜歯、

プラスその下の骨の削除の手術が6月末まで続きました。








たいへんな目に遭ってしまったYodaちゃんだが、

YODAさんの懸命の看病もあって、幸いにも治療はうまくいき、

今は元気に暮らしているそうです。



なお、このお話は、おいらからお願いして、ここに書かせてもらいました。

YODAさんは「私がもっと気をつけていれば事故を防げたかもしれない」

と恥じ入っておられましたが、「ありえない事故ではないと思うので

猫に関わる人にどうぞ教えてあげてください」と言ってくださいました。






↓今はすっかり元気になったYodaちゃん(カナダ在住)

yodaちゃん2B.jpg







ちなみに、万一猫が感電した時は

YODAさんのように「まずはコードをコンセントから抜く」のがよい、

とネットに書いてあった。

(でないと人間も感電し、ミイラ取りがミイラになってしまう)








さて、話を戻そう。

そんなわけで、やっぱり感電は甘く見てはいけないと、思い直したおいらである。

必ずしも全ての猫に当てはまるわけではないと思うが、うー公のように

ヒモが大好きな猫は特に気をつけないとまずい気がする。

(ちなみにYodaちゃんもヒモ好きなのだそうだ)





おいらは今までは、感電対策を以下のようにしていた。



↓モールによるかじり防止
モール.jpg


これは長い電線を壁に這わすために使う「モール」というもの。1m当たり100円くらい。

フタがついているので、簡単に電線を隠せるのが素晴らしいが、

曲げることができないので、使える場所が限られる。

残念ながら、自由に曲げることができるモールは見たことがない。




で、かわりに使ったのがこれ。



↓こたつの中の電線はこれにしている
ホース1.jpg


これは何のホースだったっけ・・・。

ホームセンターで、洗濯ホースとかと一緒に売ってたもの。

ホースの壁面自体はそれほど分厚いものではないが、

螺旋状に入った筋目が非常に硬いので、

猫の歯ではよほど時間をかけないと食い破れないと思う。

これにハサミで切り目を入れて、中に電源コードを押し込むのである。





↓切り目の様子

ホース2.jpg




これは曲がるし硬いし、自分で言うのも何だが、かなりの優れものである。

でも、欠点がある。

何しろ硬くて、切り目を入れるのもコードを押し込むのも、たいへん辛いのだ。

よく切れる大きなハサミを使っても、1mほど切り目を入れただけで手が痛くなってくる。

コードを押し込むのがもっと大変で、指先が真っ赤になって痛い。

このホースは、できあがれば素晴らしいが、着手するのにかなり気力が要るのである。

うー公はコタツの中で電源コードをおもちゃにする癖があるので、

コタツ(とホットカーペット)はどうにかこれで処置したが、

些細な電線(狙われにくい電線)にまでこれをやるのは非常に苦痛である。





で、何か代わりはないかと探してみたら、こんなのがあった。


↓電線保護用のスパイラルチューブ

supairarutyu-bu.jpg





これは、防御力では上記のホースに及ばなそうだが、

なにしろラクそうである。

今度買ってきて試してみようと思っている。


 
 
 
[ 2008/08/13 12:58 ] 日記 | TB(0) | コメント(8)

我が家では、今は使っていませんが……
昔、フェレットを飼ってた時、スパイラルチューブを使いましたよ。
これが一番、取り付けやすいし、簡単じゃないかな。
ホームセンターで、手に入りますしね。
今は、猫2匹、どちらもコードで遊ばないので、使ってません。
猫のいたずらや遊びも大変だけど……
はっきり言って、フェレットは、その倍以上、大変でした(笑)
おかげで、猫が少々、何かしでかしても、笑って見ている飼い主になりました(爆)
よく、子育てで、2人目以降は雑になるっていうけど……。
動物相手でも、この法則は、あてはまります(笑)
[ 2008/08/13 15:02 ] [ 編集 ]
あらあら、せっかくの猫ベッドがもったいないですね。でも確かに今は机に直寝のほうが気持ちいいですね。うちにはガスコンロの脇のステンレスの上で寝てるのがいます。
さすがに調理中は熱いので(もちろん危ないので)いなくなりますが。
コードは危ないですね。Yodaちゃんは元気になって本当によかったです。うちにはそこまでひも好きはいないので基本的には何もしてないですが、わんにゃんの部屋にあるパネルヒーターのコードだけは水道のビニールホースに切れ目をいれて覆ってます。
[ 2008/08/13 16:15 ] [ 編集 ]
>入る気、まったくなし・・・。
ここで大笑いして、うなぎちゃん、猫だなー、なんて思っていたら、下の方まで読んでびっくりしました。
私も猫がコードを囓るのは怖いなあ、とは思っていましたが、大けがをしたという話は聞いたことはありませんでした。
Yodaちゃんのような例もあるんですね。カナダは電圧が高いというようなことはないのかしら。Yodaちゃんが元気になってよかったです。Yodaちゃんって、顔立ちがうなぎちゃんに似てませんか。目元が特に。
そして、かにさんの気遣いと努力に敬礼!でございます。
[ 2008/08/13 17:35 ] [ 編集 ]
●あめぶらさん
フェレット・・・電線かじりそうですね。
(電線以外もたいへんなのかもしれませんが)
フェレット飼いが採用してたとなると、スパイラルチューブはやっぱりいいんですね。たしかに簡単でそれなりに防御力もあって、取り回しも自由が利くし、バランスがよさそうですね。
●りきさん
そうなんです、夏は猫ベッドはイヤみたいです。
もうちょっと涼しくなれば、使うと思うんですけど。
ステンレスの上、ひんやりして気持ちいいんですね。
猫って上手に涼しい場所を探しますよね。
●MMMinMcityさん
>大けがをしたという話は聞いたことはありませんでした
僕もそうでした。だからだんだん感電を甘く見始めてました。でもうー公はヒモが大好きで、コード(特に黒いコード)もかじりまくるので、さすがにやばい気が。
Yodaちゃんは遊んでアピールが激しいそうなので、性格もちょっとうー公に似てるかも(笑)
[ 2008/08/13 21:41 ] [ 編集 ]
感電防止策いろいろあったんですね。何もしていませんでした。それがYodaの命取りにったかもしれないと思うと、恐ろしいです。かにさんにも確認されましたが、そうです電源プラグをまづ抜かないといけないんです。だというのに、私はなんとまづ感電中(?)のYodaに触るわ、コードを口から放そうとするわ、、、。私が感電しなくて良かったです。
カナダの電圧が高いとかという疑問で気づいたことがあるのですが、電圧はむしろ低いです。日本が120V(?)のところ、こちらは110Vです。
ここで、では何が違うのか考えたら、電源コードの品質に雲泥の差があることに気づきます。日本持参のコードでは噛み切るほど執拗には遊ばず、こちらの1ドル=100円コードは噛めば噛むほど弱ってきて、一層噛む意欲を高められていたのかもしれません。
かにさんのような工夫が出来る飼い主がいるということを初めてとして、日本商品の高品質さも感電防止になっているのではないでしょうか。
うなぎちゃんがコード好きでもかにさんの大きなフォローでいろいろな災害を防いでいくのだろうなと思わされました。
素晴らしいです。
[ 2008/08/13 22:08 ] [ 編集 ]
●YODAさん
どうもありがとうございました。
ところで、YODAさんはすぐに電源プラグを抜いたのだと思ってましたが、Yodaちゃんに触ったりしてたんですか(苦笑)。
でもまあ、それが普通のように思います。僕も、あらかじめ聞いてなかったら、まず猫を抱き上げようとしてしまいそうです。
それにしてもYODAさん自身が感電しなくてよかったです・・。もし感電してたら、YODAさんも危険だし、Yodaちゃんも病院へ連れて行ってもらえないし、もっとたいへんなことになっていたかもしれません。
電源コードの品質ですか。あまり考えてませんでした。たしかに噛めば噛むほど弱ってくるようなコードだと、猫もやる気になってしまいそうですね。(昔、体育大会に使う丈夫なハチマキを、チビ猫が何時間もかけて食いちぎりました。だんだんちぎれてくるのが面白かったので、しつこく噛んだのでしょう)
日本にも海外製品はたくさんあり、我が家などは国産品のほうが少ないくらいかも。安物のコードは気をつけたほうがいいかもしれませんね。
●MMMinMcityさん
実は僕、子供のころ、コンセントに電線を突っ込むという遊び(本人は実験のつもり)をしていて、畳と柱と壁を焦がしてしまったことがあるんです。すごい音と火花が出て、腰が抜けそうになりました。まだ新しかった家を焦がしてしまって、母ちゃんからめちゃくちゃ叱られました。僕が感電に過敏気味なのは、この忌まわしい記憶のせいかもしれません(笑)
(ちなみに、その時の印象から言うと、日本の電源も猫を大火傷させるくらいの威力はじゅうぶんあると思います・・)
[ 2008/08/14 18:06 ] [ 編集 ]
読んでてハラハラしました。
とにかく無事でよかったです。
でも、本当にあるんですね・・・。あたし、どこかで自分トコは大丈夫だろうって安易に考えてた。コワイことですよね。
うちはコード類はまとめて小さなダンボールのようなもの(ルーターが入ってた箱を、引越しの時NT○にお願いしておただいた)に入れてるんだけどそこから機械につながるまでのコードはむき出しです。
ジジはあまりコードでは遊ばないけど、全くではないから・・・考えなきゃね。
すっごくためになりました。ありがとうございます。
[ 2008/08/14 20:33 ] [ 編集 ]
●クロ美さん
>どこかで自分トコは大丈夫だろうって
わかります。僕もそんなふうに感じ始めてました。
神経質になりすぎる必要はないと思いますが、
心配なコードは処置しときたいですね。
でないと安心して出かけられないし。
クロ美さんのダンボール、うまくできてると思います。
(僕はダンボールのクイズだけ当たりましたよ!)
[ 2008/08/15 11:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。