スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

自慢話

2008年08月04日
 
 
 
先日、パソコン妨害とアスレチック遊びを兼ねた、こやつの「おんぶ攻撃」について書いた。

そのときは、ただの「生きたジャングルジム」として存在していたおいらだが・・・。



実はこないだ、こやつはイスに登ってきて、おいらに甘えたのだ。

うっとりした顔で、のどをぐるぐる鳴らしながら、スリスリと・・・。

それは、パソコン妨害でもなく、アスレチック遊びでもなかった。




おいらはせっせとこやつの頭をなでながらも、

隙を見て「自慢写真」を撮ることを怠らなかった。

もちろん貴重な時間を持続させることが優先だから、

目線はこやつに向いたまま。

カメラの向きなどはあてずっぽうだ。





しばしの至福の時間の後、こやつは降りて行った。

お礼として、たっぷりの遊びとおやつを差し上げたのは言うまでもない。

そしてその後、おいらはデジカメのデータを再生してみた。

おお、何枚か、まともに写っているものもある!





・・・と思った次の瞬間、おいらはガックリした。

おいらの服装が、見苦しいパンツ姿だったのだ!

ああ、なんてことだ、せっかくの至福写真なのに。

これじゃ奥さん以外、誰にも自慢できないじゃないか・・・。











oidon0106.jpg
  
<こんな姿だったのだ>








あきらめの悪いおいらは、ガラパンが写らないように

写真を「部分切り出し」することを考えたが、

なにしろこやつがガラパンの上に乗っているのだから無理な話だ。


画像からこやつの部分だけ切り抜くことは可能かもしれないが、

それだとただの猫の写真だ。「おいらの上に乗っている」という写真にならない。




こりゃ無理だと、一度はあきらめたのだが・・・・・どうにもくやしい。

そこで意を決して、「なるべく見苦しくないように加工」してみることにした。

どうか、パンツのことは脳から消去して、それ以外の部分を見てくだされ。











甘え1c.jpg

  <おいらにもたれて、ぐ~る、ぐ~る・・・>












甘え2c.jpg

  <うひゃひゃひゃひゃ> ← おいらの歓喜の声






(おまけ)
「続きを読む」に、急にこんなことになった理由を。
  ↓ ↓ ↓
 

 
 
 
 
++++
 続き
++++



駄文タイトル: 至福誕生の理由


字が多くなったので「続き」に。

物事がうまくいくと急にペラペラ語り始めるのが、おいらという軽薄な人間である。

中国の有名な言葉に「敗軍の将、兵を語らず」というのがあるが、

おいらはこれを「勝軍の将、自慢OK」と解釈している。




さて、なぜ急に、こんなことになったか・・・・。

まあ、単にこやつがそういう気分だったというのが大きいだろうが、

実はちょっとしたコツも発見したのだ。

上の写真で、うー公は、おいらの手のひらの上に座っているのだ。





抱っこをたいへん嫌がり、抱き上げると3秒もしないうちに

ウネウネ降りようとしていたこやつだが、

手のひらの上に乗せることで、抱っこ時間を飛躍的に延長させることが

できることを、おいらは発見した。

手のひらに乗せてみたのは、地面に座っている状況となるべく近くと思って。




で、こやつがイスによじ登ってきた時に、イスから落ちないよう、

この「手のひらダッコ」の要領で手を添えてみたら、

こやつの「甘えたい気分」と合致して、猛然と甘え始めたというわけなのだ。








手のひらダッコは、図解すると、こう↓




猫を横から見た図
持つとこa.jpg

 < Aの部分に手のひらを置く
    (Bを持つのはダメ!)





・・・ひょっとして、BじゃなくてAを持つっての、猫飼いの常識

そうかもしれんが、おいらは知らなかったのだ。
(前に飼ってた猫はBで問題なかったし)

おいらにとっては、すごい発見だったのだ。

なお、Aの部分に「腕」を置くのはだいぶ前からやってみていた。

でもダメだった。手のひらというのが、こやつにはツボだったのだ。





こやつ以外の猫にも効果があるのかどうかしらないが(なさそう)、

ダッコ嫌いの猫さんの飼い主の方は、ダメもとで試してみるくらいの価値は

あるかもしれない。



なお、この持ち方だと、片手の手のひらに猫の全体重がかかる。

重い猫だと、ちと腕が疲れるかもしれない。

それに、しばしば手のひらに黄門様が密着するため、最初はちっとだけ気になる。

まあ、どちらも些細なことだから、ダッコ嫌いで悩んでいる人はお試しあれ。



ただ、もし効果がなくて、しかもそのせいで愛猫に引っ掻かれたとしても、

こんなしょぼブログに書いてあった与太話を試してしまった御自分を恨み、

決しておいらを恨まないようにして下さい。


 
 
[ 2008/08/04 12:00 ] 日記 | TB(0) | コメント(10)

璉うなぎちゃんの表情が、表情が、漣うっとーりしてますねぇ。烈
ほのぼの。列
でも、手のひらだっこは、かなり小柄な猫さんでないと難しいと思い
ます。人間の方がお相撲さんかプロレスラーならできるかな? 
ごましおが床で寝ころんだ状態の時、後ろ足を手のひらでぐいぐい
押してやるとじゃれたい気分が高まるようです。
[ 2008/08/04 13:40 ] [ 編集 ]
「男おいどん」で爆笑し、写真の加工の旗を見て、
ドクロの旗はぁ~♪ 俺の~旗ぁ~♪
と、口ずさんでしまったワタシ(笑)
んも~、何を思い出させてくれはるんですかっ!
ああ、ハーロック♪ 男の中の男……(うっとり♪)
閑話休題。
いやはや、かにさんの努力の甲斐あって……
う~ちゃんのうっとり顔、ちゃんとアップできてるじゃないですか~。
実はワタシにも、出すに出せぬ写真があります(汗)
さすがに、パ〇ツ姿ではないですが……。
よれよれのパジャマ姿なんです……。
もちろん、猫付き(笑)
ああ、どうしたもんでしょ。
[ 2008/08/04 20:17 ] [ 編集 ]
キャハハハハハハ!!!
>勝軍の将、自慢OK
に超超超ウケました(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
いやーーー笑った、ありがとうございます。
甘えてくれて嬉しいですね~^^
かにさんの喜びが伝わってきます。
そういえばうなぎちゃんて、歴代の猫の中でも
グルグルゴロゴロ度が低めだったの思い出しました。
遊び優先キャラでした^^
うちのオットくんも、家の中では95%パンツ姿です≧(´▽`)≦アハハハ
[ 2008/08/04 21:20 ] [ 編集 ]
じゃ~、そのグレーの布はなんなんですか~?
肌色部分はボディのどのパーツなんですか~?
消去せよと言われても、
そんだけ言い訳されたら、
記憶が強化されてしまい、
画像見ててもパンツのことしか考えられないじゃないですか~
うちのオッサンも家ではろくでもない格好をしており、
カメラのフレーム内に写りこんでしまい
すごい迷惑です。
[ 2008/08/04 21:59 ] [ 編集 ]
●MMMinMcityさん
>ごましおが床で寝ころんだ状態の時、
>後ろ足を手のひらでぐいぐい押してやると
>じゃれたい気分が高まるようです
あ、やっぱりそういうのあるんですか?
うちも、なんかそんな気がするんです。
足とかお尻を押されると、甘え気分が高まるような。
だから手のひらダッコと関係ある気がしたんです!
そうかー、やっぱりそうかー(嬉)
●あめぶらさん
たとえ昭和世代でも、フツーの女性は「おいどん」なんか知らんですよ・・。
しかも、旗を見ただけでハーロックとわかる人がいるとは思いませなんだ。
あめぶらさん、かなりキテますね。
(ちなみに、旗の写真はアルカディア号のプラモの写真から切り抜いたものであります)
出すに出せない写真ってありますよね。
たいていは、しばらく悩んでるうちにお蔵入りになるんですが。
●ツマさん
ツマさん、意外なところがツボなんですね・・・。
そうそう、こやつはグルグル少なめですよね。
というか、グルグルはするんだけど、すぐ何か(虫とかおもちゃとか)に気を取られて止んでしまう感じ(笑)
まったく、落ち着きのないところはうちの奥さんにそっくりでして。
オットさん、パンツ率95%ですか。
って、ここに書いちゃっていいんですか?(笑)
●サエコポンさま
えっ、グ、グレー?こまいことは気にしないでくださいね。
言い訳のせいで記憶強化とは・・・。でも、言い訳しとかないと、また変な方角から斬り込まれそうだし。言い訳は、露出狂の疑い回避とか、いろんな危険性を考えての危機管理です(笑)
どうせ男はろくでもない格好してるんだから、いっそのこと外でもろくでもない格好すれば、それが標準になって恥ずかしくなくなるんですけどね・・。なのにネクタイとか詰襟とかの窮屈な格好してるもんだから、家ではその反動でますますろくでもない格好になるような気もします。
[ 2008/08/05 08:42 ] [ 編集 ]
わかります。
私のその手の理由で没になった画像は数知れず・・・
でも、一度は短パンか下着かばれないだろうと女性感覚??でアップしたものが、数名からの指摘にあい、主人からも猛反発をくらってしまい、しばらくは険悪状態に(^^ゞ
だから、家でも気を抜かないことっていっているんですけど、どこ吹く風なんですよね(-_-)
[ 2008/08/05 15:31 ] [ 編集 ]
「男おいどん」の恰好でもサルマタケが生えてなければいいと思いますけど。ぷぷっ。
初めて◯◯した記念の写真、とかこんなに可愛く撮れたのは初めてだ、なんて写真に限ってとんでもないものが写ってたりするんですよね。
後悔は先にたたず、時間は戻らない。理不尽です。
[ 2008/08/05 18:27 ] [ 編集 ]
うなちゃんに寄り添ってもらってよかったですね♪
そのときのかにさんの顔が想像できます!
きっと知らない人が見たら・・・・(爆)
抱っこする時確かに足を支えるのは有効かも!
主人が抱くと必ず「ウギャー」と嫌がります。
抱き方に問題あり!
まあその前に顔見ただけで鳴いてますが(笑)
[ 2008/08/05 19:47 ] [ 編集 ]
感動しますね、滅多にゴロゴロの無い子がゴロゴロしてくれると。我が家の旦那にはゴロゴロする愛猫ですが、私のことはトイレ掃除とご飯をあげる人とわりきっているようなとこがあるので、ちょっと今度私の手のひらに乗ってくれるか挑戦します。ただ私の手は小さく、猫は5kgあるので、可能なのかやる前から不安ですが。かにさんの「生きたジャングルジム」笑えました。
[ 2008/08/06 05:45 ] [ 編集 ]
●くおんさん
くはは!
下着を短パンと同じように晒されたら、しかも指摘まで受けてしまったら、温厚そうなダンナさまもさすがに反発するでしょうね(笑)
しかし、それでもまだパンツでうろつくのをやめないあたりが男ですな。
●りきさん
あ・・・。ここにもフツーじゃないお方が。
サルマタケは、一緒に食べてくれるトリさんがいないとね。猫は食わんのでね。
写真は、そうなんですよね。これはという写真に限って・・・なんですよね。
こないだ、これはという動画を撮り、もういいだろうと停止ボタンを押したら「ウイーン」と録画が始まったので、心底がっくりしました。
●ままりんさん
寄り添うだけじゃなくて、スリゴロされましたぞ。ふひゃふひゃ。
未来ちゃん、「主人が抱くとウギャー」の抱き方は、どういう点に問題が?
機会があれば、悪い例の写真など(笑)
●Yodaさん
人間の幸福の総量は、あまりかわらないのかもしれません。いつもスリゴロされていると、喜びの回数は多いけど喜びの程度はそれなりでしょう。たまにスリゴロされる人は、回数は少ないけど、たいへんうれしいと。
ところで、5kgですか。怪我をしないようにお気をつけて(笑)。足が持ちにくければ、お尻(ただしシッポよりもA側)でもいいかもしれません。
[ 2008/08/06 19:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。