スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

危ない遊び

2008年07月17日
 
 
リビングにおいてあった、おにごっこ用のダンボール板が倒れていた。

またうー公が暴れまわって倒しやがったな。




DSCF3681.jpg



このダンボール板はおにごっこのときにおいらが隠れる場所だから、

また柱に立てかけておかないと。








DSCF3687a.jpg


ん?









DSCF3688a.jpg


な、なにしとんの、あんた・・・。










DSCF3739.jpg


おらんと思ったら、ずっとそこに隠れとったんか・・・。









DSCF3748.jpg


気付かずに踏みつぶしてしまうじゃないか!







こやつはこないだもカーペットの下にもぐりこんでやがったし、

気をつけないとやばいな・・・。




 

(おまけ)
久しぶりに、長めの駄文を書きました。
よほど字を読むのが好きな人は、「続きを読む」をどうぞ。
    ↓ ↓ ↓
 

 
 
 
 
++++
 続き
++++


駄文タイトル:ウンチを食う



タイトルどおり、かなり汚い話です。

このタイトルを見ても、まだ読んであげようと思う人は、以下へお進み下さい。

むしろ好ましい話題だと思う人も、以下へお進み下さい。

では、はじまり↓



前回、「時効の動画」を載せたので、ついでに「時効の話」も。



人間というものは、すごく困っていても、解決の糸口がまったく見いだせないうちは、
それを他人に話したがらなかったりするものだと思う。


もちろん個人差があって、すぐ話す人もいる(①)。

少し解決の光が見えた時点で、ぽつぽつ話し出す人もいる(②)。

完全に解決するまで話さなくて、後になってから「実は困ってたんだよ」と話す人もいる(③)。


おいらは②と③の中間ぐらいの性格だと思う。

今回の話に限っては③だ。





前置きが長くなったが、困っていた話というのは、こやつの悪食のことである。

いや、悪食の傾向は今も少し残っている(ダンボールとかをかじって一部を飲み込んでしまう)
のだが、骨折治療していたころ、こやつはあろうことか、突然、自分のウンチを食いはじめやがったのである。

和室に移して、ようやくおとなしくなったと喜んだのも束の間、
また妙な問題を引き起こしたので、おいらはかなりげんなりした。

えさが足りないのかと思い、すぐにえさを増やしたが、効果なし・・・。




ネットで調べてみたところ、「食糞」と言って、猫では珍しいが、犬ではよくある話らしい。

食糞を防止するグッズ(フンにかける薬品など)も充実してるみたいだったので、さっそくペットショップに見に行ったが、ぜんぶ犬用だったので、結局買わなかった。
(猫の嗅覚は人間程度で、犬とは違うという話を思い出し、猫には効かなそうだと思った)




グッズもダメとなると、どうしてよいかわからず、おいらはとりあえず、暇さえあればこやつのトイレをのぞき、ウンチを発見次第撤去することにした。



するとどうなったかというと、これまた妙な結果となった。

それまでは、トイレ砂で水分がなくなりかけた「カラカラうんち」をかじっていたのだが、
カラカラうんちが無くなってしまったため、こやつは生産したての「ホカホカうんち」をかじるようになってしまったのである。

こやつはウンチをかじるとき、いったんトイレから持ち出して部屋の床に置いてからかじっていた。こやつが「ホカホカうんち」を持ち出しはじめたことによって、事態がさらに悪化したのは言うまでもないだろう。

しかも、「カラカラうんち」と比較して、「ホカホカうんち」には大量のトイレ砂が付着するから、
これをかじるとトイレ砂(鉱物系)も一緒に飲み込んでしまい、かなりまずい気がした。




取り乱したおいらは、「ウンチは曲がりなりにも自分が生産したものだから、鉱物砂のほうがやばい気がする。まず鉱物砂を飲むのを防ごう」と思い、おから砂を買いに走った。

だが、買ってきてみると、おから砂は粒が大きくて、骨折中のこやつはおから砂の上でしっかり立つことができず、トイレの中でしばしば転倒して、手足や体にもウンチが付着するようになってしまった。

また、こやつは粒の大きい砂だと、砂をかじって食べてしまうのだった。
(この理由で、以前、紙砂から鉱物砂に変更した経緯がある)

まあ、おからならば鉱物砂を飲み込むよりはマシなのかもしれないが、事態がよくなったとは言いがたい状況であった。

ルー獣医にも少し話してみたのだが、「猫では珍しいねえ」と言うだけで、あまり頼りにならない感じ。





そんなこんなで、困り続けて10日ほど経った頃、おいらはこやつを見ていて思った。

こやつの食糞は、ウンチを食おうと思って食っているのではなく、口でくわえて振り回したり噛み切ったりしているうちに一部を飲み込んでしまうもので、これは食糞というより「誤飲」に近いよなあ・・・。

で、はたと気付いたのである。

おいらは、骨折中のこやつを暴れさせてはいけないと思って、和室におもちゃや、おもちゃ代わりになりそうなものを、一切置いていなかった。

そうか、こやつは、おもちゃが無いから、ウンチをおもちゃのかわりにして遊んでいたのか!

・・・と。

こやつなりに、せいいっぱい工夫していたのだ。





その後は、1回5分×1日2回、釣竿遊びをしてやることにした。

時間も少しだし、場所はおいらのふとんの上だけ。
しかもかなり手加減して操作してたので、以前に比べると子供だましみたいだったが、
こやつはそれで満足だったらしい。

その後は、ウンチをかじることは一回もなくなったのだった。





猫の飼育について、しみじみわかったこと。

(その1):「困った」は、ある日突然やってくる。

(その2):「困った」の対策として何かをすると、たいていの場合、「別の困った」を誘起する。

(その3):いたちごっこしてるうちに、「別の困った」が起こらない方法(=解決方法)
      が見つかるのだが、たいていの場合、それは単なる偶然で見つかる。



おわり



 
 
 

なるほどねー!
たしかに犬では聞いたことがあるけど、猫って初めてかも。
でも食べたいんじゃなく、う~ちゃんにしてみれば、おもちゃなんだね。
うちも年に2回程だけど、ンコで遊ぶ時あるよ。口には入れてないみたいだけど・・・。気付かなかっただけでやってるのかな(-_ゝ-)
ダンボールの中のう~ちゃん可愛いね(≧∇≦)
そんな狭いところに入れちゃうなんてスリムだわ♪ワクワクしてる顔がたまんないっ(〃∇〃)
[ 2008/07/17 21:48 ] [ 編集 ]
鬼ごっこ用のアイテムを用意してあるなんて
さすがですね~(笑)
ダンボールに隠れている所を見てみたい♪
そっか~!うなちゃんにしたら何でもオモチャってことですね!
コロコロ転がるから面白かったのかな?
遊んでいるうちにかじってしまったのでしょう。
こちらが良かれと思ってしたことが
かえってよくない事もあるんですね~
でも原因がわかってよかったですね
ほんとに食糞が癖になると大変ですから
[ 2008/07/17 22:44 ] [ 編集 ]
わろた~
いいなぁ~、うなちゃんvsかにさん。
このウンコ問題でどんだけかにさんが頭かかえたかわかります。人間って知恵があるだけにその知恵を力技として解決しようとしてネコにか~るく裏をかかれたりするんですよね。
私も通った道です~。
[ 2008/07/17 23:19 ] [ 編集 ]
こんばんは~!
お祝いコメントありがとうございました!
あんなうすーいダンボールに入って~うーちゃんなんて可愛いんでしょう!!
何か問題が起きたら、臨機応変に解決しなくてはいけないので情報収集が必要ですよね。
困った事は、起こらない必ず解決方法がある!といつも自分を励ましています。
[ 2008/07/17 23:38 ] [ 編集 ]
かにさん、観察力ある~~~(笑)
ちゃんと理由がわかってよかったですね!
「食べる」が目的じゃなくて「遊ぶ」が目的だとわかった時のかにさんの安堵が伝わってくるようです(* ̄m ̄*)
それにしても、うーちゃん、うんこまでおもちゃにしてしまうとは、ほんとに「遊び=命」くらい大好きなんですね~
[ 2008/07/18 00:16 ] [ 編集 ]
「なにしとんの、あんた」懐かしい名古屋弁に通じる響きです。𕾜 
段ボールからチラッと白いものが覗いたところで、もう「ククッ」と笑いが漏れてしまいました。うなぎちゃん、こんなにぺったんこになって待ってるなんて~。
言葉で言い聞かせたり、無理強いしたりでは解決できないから、猫の「困った」で悩むときって、けっこう苦しいですよね。
そこをぐっと堪えて、考えに考えて、解決できたときには、超難問パズルを解いたような快感があるんじゃないでしょうか。
口のきけないうなぎちゃんの気持ちを読み取ったかにさんの洞察力がすばらしいです。猫って人間を癒すんじゃなくて、鍛えるために生まれてきたのかもしれません。
[ 2008/07/18 00:50 ] [ 編集 ]
ん? んんっ? そこに見えてる白いお饅頭は~~~?
言わずもがな、うーちゃんのお手手でしたか(笑)
でも、ホンマ、踏んづけそうで危ないですがな(汗)
ワタシはさすがに踏んだことはありませんが……
四六時中、蹴飛ばしかけてます。
もちろん、わざとではありません(汗)
暗がりで、足元をうろうろされると、見えないんやもの~!
「困った」は、ある日突然……。
その通りです。
そして、しばらくの間は、振り回されるエンドレス状態になります。
よかった、私だけじゃなかった……(笑)
[ 2008/07/18 09:32 ] [ 編集 ]
プププッ・・・
大笑いです\(^o^)/
ずっと、ここで誰かが通り過ぎるのをワクワクしながら待っていてちょっとうとうとしたりしていたんでしょうね。
そういうマンガを見たことがあります。
[ 2008/07/18 15:12 ] [ 編集 ]
うーちゃん、かにさんに見つけてもらってよかった。子供同士がかくれんぼしていて、最後まで探しにきてもらえない子のようになったら哀しいですよね~。(いらぬ心配)
5枚目の写真の上目遣いのちょっといばったようなお顔がとっても可愛いです。
うーちゃんがうんちを口にしてしまうのは理由があったんですね。ちゃんとつきとめたかにさんはえらい。うちはわんこがにゃんこのうんちを食べます。理由はおいしいから、のような気がします。
量と種類(!)が多いのでバイキング食べ放題です・・・(爆涙)
[ 2008/07/18 16:04 ] [ 編集 ]
●クロ美さん
ジジちゃんもウンチで遊ぶことがあるんですか。
でも年に2回で、しかも口に入れないなら、問題なし!ですね。
ダンボールの下のこやつ、ワクワクしてるのわかりました?(笑)
●ままりんさん
人間が隠れるところは、やはり家族にしかお見せできませんよ(笑)
こやつはおもちゃで遊ぶ時も、口で運ぶのが好きみたいです。
ほんとに、癖にならなくてよかったです。
●サエコポンさま
今回のウンチ話、よく考えると、結局はこやつの望み通りの結果になってるんですよね・・。くやしいけど、猫の要求をなるべくかなえる方向で考えることが大事なのかも・・。(猫が鯛をよこせと言ったら、「タイは高くて無理なので、このフナではダメですか?ではこのアジなら?」と聞き続ける。そのうち猫が「それで我慢しといたる」と思った時が解決・・って感じで) 
力技で猫を押さえつけようとしても、たいてい裏をかかれますよね。猫のやつらにとっては、別の手で人間を困らせるくらい、朝飯前なんでしょう。僕もだんだんわかってきました・・・。
●ヨギーニさん
そうそう、自分を励ましつづけないと、へこたれてしまいますからね(笑)
今はネットですぐに調べられるから便利です。といっても、ネットで調べてもどうにもならないことがたくさんあるから、こんなに困るわけでもありますが・・・。
●Mayu-☆さん
観察力をほめていただき光栄です。でも後から考えると、「なんでもっと早く気付かなかったんだろ?」って思います・・。
こやつはほんとに遊び命です。しかも、相手がいる遊びが大好きなのです。たった5分の釣竿遊びでも許してくれたのは、一人でウンチ遊びするより、人間と遊ぶほうがだいぶ楽しいからだと思います。
●MMMinMcityさん
転々としてたもんで、言葉が混ざってまってかんわ・・なワタクシです。
猫の気持ちを読み取ろうと必死で考えると、人間は鍛えられますねー。
でも猫のほうも、人間に何かを伝えようとして必死で工夫してるんですよね。伝わるとうれしそうにするので、おもしろいです。
●あめぶらさん
あめぶらさんは、ほんとに猫のお手手が好きですよね。猫手フェチってやつですか(笑)
ある日突然・・・そうなんです、猫というやつは、「前はこうだったから、今日もそうだろう」が通用しないんですよね・・。タカヤくんがクジを引いてくれなかったり。
●くおんさん
よくおわかりで・・(笑)
おそらく、人間が通るのを、まだかまだかと長いこと待ち構えていたと思われます。
人間が通ったら、食いついて、またダンボールの下に逃げ込むつもりだったはずです。
●りきさん
5枚目、たしかにいばってるみたいな顔(笑)。実際は、ここから人間を襲おうと思ってたのに、人間二人に発見されて笑われたもんだから、がっかりしてるのかも。
りきさんちのわんこ、猫のウンチを??しかも理由はおいしいから??そ、それは、防止する手が思いつきませんね・・・。りきさんちみたいに犬猫が十何匹もいると、悩みの発生頻度も十何倍でしょうか。考えるだけで疲れてきました(笑)
[ 2008/07/18 23:34 ] [ 編集 ]
見つけれるかい??って感じの自慢げなうーちゃんの顔がなんとも可愛いですね。
いや~それにしてもうーちゃん、いろいろな事をしてくれますね。う●ちで遊んじゃうなんてよほど遊びたかったんですね。
[ 2008/07/19 21:29 ] [ 編集 ]
●おはるさん
そうそう、最後のぺったんこの写真の顔、ちょっと自慢げですよね。
その反面、ウツボ攻撃できなくて残念そうでもあります。
このころは、とにかくおとなしくさせないといけないと思って、ぜんぜん遊んでやってなかったですしね。でもそれがうんち遊びを生じさせるなんて、さすがに想像の範囲を超えてました(笑)
[ 2008/07/21 06:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。