カミツキその後

2008年06月12日
 
 
GW中に、すっかり噛みつきに味をしめてしまったうー公。

あれからいろいろやってみてるんだが・・・。



おいらの性格からして、もしうまく行ってたら、すぐここで鬼の首でも取ったように

自慢するだろうから、自慢してなかったってことは、つまりそういうことだ。






いちおう、やってみたことをちょっと書いてみて、頭を整理してみよう。

なんかまた、長ったらしい駄文になりそうだぞ。

たいした写真もないし、読まないほうがいいかもしれません。

(うまく行ってないと投げやりになるなあ・・・)




+++++++++++++++++++++++++++++
 やっぱり長くなったので、以降は「続きを読む」に移しました
+++++++++++++++++++++++++++++



 
 
 
++++
 続き
++++





前回のカミツキ記事の後、一番最初にやってみたのは、

『人間は噛まれるのが心の底からイヤなんですよ』

ということを、今一度猫にアピールしてみる作戦だった。



ぬるい方法と思うかもしれないが、罰でやめさせるよりも、

自分の意志でやめてもらうほうがいいに決まってる。

やはり最良の結果を狙えるものを最初に試すべきだろう。



アピールの方法として、単純明快なのを教えてもらった。

手を噛もうとしても絶対に噛めないよう、とことん手を隠すのだ。

これはシンプルな方法なんだが、「とことん」を徹底するのが意外と難しい。

以前はめんどくさくて挫折したが、今回は徹底する決意であった。




おいらはさっそくやってみた。

だが意外な盲点があった。

両手を隠したら、こやつは1秒も迷わずに、フトモモを噛んできやがったのだ。

ひざに乗っている猫からフトモモを隠すのは、どう考えても不可能である。

ひざを隠すには、猫をひざから降ろさないといけない。

しかしそれはできない相談だ。

理由は猫好きならわかるであろう・・・。

ってことは?



・・・あっさりと人間の負けが決まった。

こやつはあほのくせに、本能的に、こちらの根本的弱点を見抜きやがったのだ。







次にやってみたのは、猫の「噛みたい願望」を他の物に向けてみるという作戦だった。

こやつが人を噛むのは主に『怠慢な召使いを動かす』のが目的みたいなので、

そういう意味では効果が期待できそうにない作戦なんだが、

ひょっとしたら、「何でもいいから噛むのが好き」という、

ヘンタイ的な嗜好も持っていないとも限らない。



kyouryuu-s.jpg
<そうかもしれないと思わせる写真>・・・この写真は再掲載です




そんな淡い期待を込めて、以前教えてもらった「豚アキレス」を買いに行ったのであった。

だが、4軒まわっても豚アキレスがなかったので、しょうがなく

「牛アキレス」と「牛皮」を買ってきた。



DSCF1617.jpg
  <左が牛皮、右が牛アキレス>




買って来て、牛アキレスをさっそく床に置いてみた。

想像力貧困なおいらは、犬みたいにガジガジして喜ぶ姿しか想像できなかった。

だが実際に見たものは、例のへっぴり腰の猫パンチ姿であった。

そして逃げていった・・・・。




へ?

なんで?

おまえ、よく牛肉をウマウマ食ってるじゃん。

牛アキレスは明らかに牛の匂いだし、毒々しい模様もないし、

大きさも小さいし、いったい何が怖いんだ?



納得がいかない気分だったが、次に牛皮を置いてみた。

こやつは以前、おいらの野球グローブ(何かの皮)をがじがじしてたので、

牛皮もいけるのでは?と思ったのだ。

結果は、ツンツン転がして遊ぶだけで、全然噛まない。

でも逃げはしないので、そのまま床にずっと置いてるんだが、噛んでいる気配が全くない。

なぜだ。

なぜ噛まん。

前の家で、犬の兄ちゃんも噛んでただろ?

ちくしょーめ・・・。




というわけで、牛はダメだった。今度は豚で試してみたいが、なんとなく

「豚でもどうせダメだ~よ、ケッ。」と投げやりな気持ちになってきている自分がいる・・・。








もうひとつ試したのは、いわゆる「厳罰化による抑止」である。

耳を寝かしながらきつく噛んだ時は、「猫部屋送りの刑」にすることにしたのだ。

こやつからすれば、ただでさえ猫部屋に入れられるのはイヤなのに、

叱られた後に猫部屋に放り込まれて無視されるというのはおそらく最悪だろう。

むごすぎる刑であるが、そのせいか多少の効果があり、

あまりしつこい抗議はしなくなってきたような気がする。

でも、「しつこすぎ」が少なくなっただけで、噛みまくりであることにはかわりがない。








以上3つをこれまで試してきたという状況なのだが、成果はほとんど出ていない。

さて、これからどうするか?

それを考えるためにここまで書いてみたんだが、なんかもう疲れた。

人間は、適度に報われないと疲れるのだ。

考えるのもイヤになってくるのだ。

今日は寝るとしよう。







あ、猫の写真載せないとな。

今日はこの、すごくヘンな顔のやつにしてやろう。

ケッケッケ・・。

ざまーみろ、うー公め・・・。





DSCF1517.jpg
  <焼酎飲んで酔っ払ってます(嘘)>







 
 
[ 2008/06/12 01:19 ] 噛み癖 | TB(1) | コメント(6)

はじめまして。
猫は小さい頃に兄弟とじゃれあって
噛んだり噛まれたりして強さの加減を覚えると言いますよね。
うちでは兄弟の代わりにツネってましたよ、爪を立てて。
そりゃー痛いでしょうから噛み返して
きますが、座布団などで防いでいました。
噛まれる痛みを教えないと
なかなか甘噛みを覚えてくれないんじゃないでしょうか。
[ 2008/06/12 10:28 ] [ 編集 ]
●にゃーすけさん
はじめまして。甘噛みは兄弟とじゃれあってるうちにおぼえるので、後から噛む痛みを教えるにはツネるのもいいですね。うちもたまにツネってます!
僕の実家の猫は、ほんとに「優しい甘噛み」で、全く痛くありませんでした。というか噛まなかった。「噛んで」と頼んで噛んでもらう感じでした。
こいつの場合、「噛まないで」と言っても噛んできます。噛む強さ自体はギリギリ甘噛み?というくらいなんですが、やっぱりキバで噛むと少しは痛いです。興奮してくるときつく噛むことがあり、そのときはイテテテッというくらい痛いです(そのときは警告します)。
推測ですが、何かの目的のために猫が自分の意志で噛む場合は、実家猫のような「優しい甘噛み」にはならないんじゃないかと思ってるんです。だって全く痛くないんじゃ噛む意味ないから。
そんなわけで、僕としては、噛む強さを減らして欲しいというよりも、人の体を噛みたがることをやめてもらえると大変うれしいです。(かわりに舐めてくれるともっとうれしい)
[ 2008/06/12 13:02 ] [ 編集 ]
噛み癖は家も困っています。
本来は兄弟同士のじゃれあい等で
加減を覚えるのでしょうが
うなぎちゃんも未来も赤ちゃんの時に
親兄弟から離されて学習できなかったのかな?
未来の場合は機嫌が悪い時はもちろんですがそうでない時も挨拶代わりにガブリ(泣)
叱るとよけいに噛み付いてきます。
最近はあきらめムードですが
ただ一つだけ有効策が
噛みつきだしたらぬいぐるみをもって来るとそれに噛み付いています。
今のところこれしか策はないです。
[ 2008/06/12 18:54 ] [ 編集 ]
かにさんは私がどんだけタラの躾に失敗したかすでにお読みになったようですが、しかも失敗街道爆走中(6年だよ、とほほ)の私が言うのも非常におこがましいのですが、噛むと楽しいという記憶が残るのがマズいので、噛むと不快を記憶させねばなりません。
噛まれたら「水を霧吹きでかける」っての試しました?うちはダメでしたけど、効果があるネコもいるようよ。とりあえず害がなくて痛くなくてネコが嫌いなことだし。私は「ヒトがネコを噛む」もやりましたがね。ま、手加減は学んでくれましたので、手に傷が残ることはないです。
タラも兄弟が全部死んでしまって母子だけだったところを生後8週で貰ってきたから、学習機会が無かったと思われます。生まれ持った性格も問題ですが。
[ 2008/06/12 22:18 ] [ 編集 ]
うーちゃん、牛アキレスじゃ誤魔化されてくれませんでしたか・・orz
うちも豚アキレスが手に入らず豚耳やカリカリの七面鳥をあげてみたけど、
誤魔化されませんでした; ていうより、うちの子達は姉妹でじゃれるし、
咬んでたのは主に歯の生え変わり時期だったので
うーちゃんの咬みたい衝動とは根本的に違ったのかも蓮
豚アキレス、中国の豚の病気の問題で今ほとんど売ってないみたいで、
きちんとリサーチもせず期待させてしまい、
また、4軒もお探しに回らせてしまいすみませんでした嶺
もしまだ豚アキレスに興味がおありでしたら↓で在庫確認済みです。
http://6814.teacup.com/altpet/shop/01_01_04/AP-0044/
うちは今注文中でまだ届いてはいないのですが・・
うちは嫌な事されると耳にプッと息を掛けて追い払ってます。
痛みに耐えながら色々お試しになって、かにさんお疲れ様ですm
うーちゃんも、何か解り易く有効な罰のような物が早く見つかるといいですね!
うーちゃんの変顔写真、瞬膜が片目だけってなんだかおもしろいですねw
[ 2008/06/13 00:13 ] [ 編集 ]
●ままりんさん
拾われるまでのこやつの人生(猫生)は、もはや知る方法がないのですが、僕の推測では、兄弟とともに過ごしたのではないかと思ってます。
拾われたとき(生後3~4ヶ月)に猫ミルクをやろうとするたびにシャーシャー威嚇していたそうなので、人に飼われたことはなかったのかなと。そんで、ノラで育つにはたぶん母猫と一緒じゃないとそこまで育たないから、その間は兄弟と一緒に育ったんじゃないかなあと・・・。もちろんぜんぶ強引な想像ですけどね。
未来ちゃん、噛みだしたらぬいぐるみって・・・。かわいそうなぬいぐるみを想像して、ちょっと笑ってしまいました。
●サエコポンさん
タラちゃんエッセイはもちろん全部読み、バイブルとさせていただいております。
でも霧吹きはやってませんでしたので、さっそく昨日試してみました。
効果はまだよくわかりませんが、とりあえず霧を吹くと噛むのをやめて逃げるということはわかりました。そのあと霧吹きを床に置いてたら、猫パンチしてました。
生まれ持った性格は・・・以前、噛み付き話題で「うちの仔猫の兄弟の中の1匹だけが噛みます」というコメントを頂戴したことがあります・・。こやつも、そういう子だったんでしょうかね・・。
●らいあんさん
いえいえ、「すみませんなん」なんて、とんでもないです。ネットでなら豚も買えることも教えていただいてましたし、らいあんさんにあやまってもらうようなことは一切ありませんです!
牛は失敗でしたけど、猫がびびる姿を見て面白かったし、そもそもたいした値段でもないし、試してみるのはいいことですよね。
らいあんさんのところの豚アキレスの話、おもしろかったです。
[ 2008/06/13 22:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

(迷惑広告対策中のため、コメント欄にURLが書き込めない場合があります)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

あれホント怖い。。。
テレビ見てると最近ずっとあのニュースばっかりだよね。あの秋葉のやつ。あれホント怖い。。。なんか掲示板とかで予告?みたいに書いてたんだよね。たしか。私は福岡で秋葉遠いけど福岡でもそういう人がいると思うと怖いなぁ~。
[2008/06/12 10:15] 美香のブログ
お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)