月別アーカイブ  [ 2007年10月 ] 

噛みつき癖その後

2007年10月14日
 
うなぎ猫め、こたつの中に入ってきて、またおいらの足に食いつきやがった。


071013_a.jpg
 <食いつき娘>


ただ今回は、何度か前脚でつついた後におずおずと、しかもだいぶゆるく噛みついていたから、前回よりマシだ。


とはいえ、こたつに入るたびに足をかじられてはたまったものではないので、数回の「イヤイヤ」を見せた後、教育的指導をする。


すると、こたつ布団に、ものすごい攻撃を加えて八つ当たりしはじめた。
前回のカーテン攻撃と同じ現象だ。



・・・なんか、また傷ついたみたいだな。

こんなに傷つかれると、自分の教育方針に自信がなくなってきた。


ひょっとして、ネコジャラシか何かで、ちょっと遊んでやったほうがいいのだろうか?

ネコジャラシは猫にとっては結構“迷惑”なこともあるので、使わないでおこうと思っていたのだが、ちょっとだけ使ってみるか。猫をつつくと嫌がるから、箱の周りをくるくる移動させてみた。

すると・・・

予想に反して、夢中で追いかけている。



なんか、めちゃくちゃ喜んでるみたいだ。


どうもおかしい。ネコジャラシを本気で喜ぶのは6~8週間くらいのドチビだけだと思っていたのに。

どう見ても、こいつは、ドチビ以上に喜んでいるように見える。


もう生後4~5ヶ月で体重も2kg近くあるやつが、こんな子供だましを本気で喜ぶのは、あまり見たことがない。

しかもこいつはメスだ。人間と一緒で、オスは中学生でも大バカだが、メスは比較的早く精神年齢が上がるはずだから、このくらいの年齢だと、もうネコジャラシなんて、人間へのお付き合いとしてなかば“義務感”でやる程度の遊びのはずだ。

なのに、なぜこんなにうれしそうなのか?

もらう前から、うすうす思っていたのだが、ひょっとしてこいつ・・・



あまり頭がよくないのではないか?



071013_b.jpg
 <あまり賢くなさそうな顔>



ま、いいか。
あほな子ほどかわいいって言うからな。


今日のネコジャラシ遊びは、人間が主導権を握るために、猫が大喜びしている途中で切り上げた。飯も遊びも腹八分目がいいと思ったので。

遊んだ後はエサを食い、なんか満足げな顔で寝ていた。

明日も遊んでやってみよう。
 
[ 2007/10/14 23:35 ] 噛み癖 | TB(2) | コメント(0)

お知らせ
アセラブログから引っ越して来ました
旧ブログはこちら
http://unaneko.a-thera.jp/

【Blog Ranking】
 人気ブログランキングへ
プロフィール

かに

名前: うなぎ
性別: ♀
年齢: 7歳
誕生日: 6月6日

真夏の公園で干物になる寸前に拾われ、その後我が家へもらわれて来た茶白猫。どうやら耳が聞こえないようだ。

★すごく詳しい自己紹介★
  ↓    ↓    ↓
 自己紹介記事に飛びます
(最後に飼い主の紹介も少し)


★新入り猫:しじみ(2歳)もいます
0s_shiji-01s.jpg

【管理人:かに】

カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
★このブログはリンクフリーです★
連絡しなくても問題ありません。記事に直接リンクしても構いません。

 リンクさんの簡単紹介

メールフォーム
管理人にメールが送れます

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

メールアドレス欄の「xxx@ossan.jp」はダミーです。御自分のメールアドレスを入力する場合は上書きし、入力しない場合はダミーのまま送信して下さい(空欄だと送信できません)。

◆こちらのアドレス宛でも送れます
  unaneko66★yahoo.co.jp
  (★を@に変えて下さい)